公益社団法人大阪府育英会
お知らせ
HOME >お知らせ> 「滞納ゼロ作戦」展開中!!
「滞納ゼロ作戦」展開中!!
 
奨学金・入学資金の「滞納ゼロ作戦」の展開について
     

 大阪府育英会の奨学金制度は、向学心に富みながら経済的な理由により、修学が困難な生徒に奨学金を貸し付け、教育の機会均等を図ることを目的としています。
 昭和27年の制度創設以来、これまでに45万人以上の学生・生徒に対し、2,004億円を超える資金をお貸ししてきました。
奨学金制度は、お貸しした資金の返還金が後輩達の奨学金として利用される仕組みとなっています。
借りたお金をキチンと返すのが社会のルールです。
 しかしながら、近年、返還金の滞納が増え、平成24年度末では58億円に達し、教育のセーフティネットとしての奨学金制度を継続することが危ぶまれるところとなっています。
 このため、大阪府育英会では、平成21年度から「滞納ゼロ作戦」を展開しています。特に、平成24年度から28年度までの5年間を計画期間とする「中期経営計画」を策定し、滞納の抑制に積極的に取り組んでいるところです。奨学金の趣旨や返還の必要性を訴えることにより、返還モラルの向上を図るとともに、滞納発生の未然防止や滞納の長期化防止に向けての取り組みを強化しています。
 具体的には、法的措置の強化や長期滞納者への直接回収の実施、債権回収会社(サービサー)を活用した回収を図る等集中取り組みを実施しています。
 返還される方には、奨学金制度が将来にわたって持続でき、一人でも多くの後輩たちが利用できるよう、制度の趣旨をご理解頂き、確実な返済をお願いいたします。
 なお、約束どおりの返済が困難な場合には、事情に応じ、返済猶予や分割返済等返済についてのご相談に応じますので、必ず大阪府育英会にご相談ください。
 また、住所やご連絡先、連帯保証人等届け出事項に変更があるときは、必ず大阪府育英会にご連絡頂きますよう、お願いします。







     
     
トップへ戻る