公益財団法人 大阪府育英会
奨学金事業
HOME > 奨学金事業 > 奨学金貸付事業 > 奨学金の貸付を受けている方へ
奨学金の貸付を受けている方へ
1 奨学金の振込について
   
  (1) 振込口座の変更について
  利用できる金融機関
    (ア)口座名義
   口座名義は、奨学生本人の名義に限ります。
    (イ)利用できる金融機関
   @ゆうちょ銀行
   A下記の銀行の本・支店・出張所
   りそな銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、
   近畿大阪銀行、池田泉州銀行
   

(ウ)口座の種類
   口座の種類は、普通預金口座(ゆうちょ銀行の場合は、通常貯金口座)とします。
   ※注  貯蓄預金口座は取扱いしませんので、注意してください。

     
  口座変更届の提出
    「奨学金振込口座変更届」 (様式第5号) を提出してください。
     
  (2) 貸付(振込)時期及び振込金額について
    奨学金の貸付は、貸付年額に応じて、年1回〜3回に分けて、奨学生本人(生徒)名義の金融機関の預貯金口座に振り込みます。
     
   
貸付年額 貸付(振込)金額
・前年度からの継続奨学生
・予約奨学生

 第1回目
・新規(在学)採用者


 第1回目
第2回目 第3回目
5月下旬 7月中旬 10月中旬 1月下旬
100,000 100,000 0 0
200,000 200,000 0 0
300,000 200,000 100,000 0
400,000 200,000 200,000 0
500,000 200,000 200,000 100,000
600,000 200,000 200,000 200,000
700,000 234,000 234,000 232,000
     
    ※口座振込通知の省略
   

奨学金の口座への振込については、奨学生に対し通知しませんので、各自通帳により確認するようにしてください。

     
2 奨学金貸付年額調整について
   
  (1) 奨学金貸付年額調整願の提出
    次の理由により、奨学金の貸付年額の変更を希望する場合は、12月下旬までに「奨学金貸付年額調整願(様式第22号)」を提出してください。
    @就学支援金申請や、支援補助金申請を期日までに提出しなかったとき
    A支援金・補助金の申請をしたが、不許可となったとき
    B保護者の所得変動により支援金・補助金の適用される金額が変わったとき
    C貸付限度額の範囲内で、貸付金額の増減を希望するとき
    D授業料、学校独自の優遇制度が変更となったとき
  (2) 調整日
    @「奨学金貸付年額調整願」を5月上旬までに育英会に提出した場合は、調整後の貸  付金額により、第1回目の振込日以降にて調整します。
    A「奨学金貸付年額調整願」を9月中旬までに育英会に提出した場合は、調整後の貸  付金額により、第2回目の振込日以降にて調整します。
    B「奨学金貸付年額調整願」を12月下旬までに育英会に提出した場合は、調整後の貸  付金額により、第3回目の振込日以降にて調整します。
  提出期限、振込日の詳細は育英会までお問い合わせください。
     
3 奨学生の異動について
     
  (1) 奨学生は、異動したときは、速やかに必要な願又は届を提出してください。
    育英会は、異動内容に応じ、奨学金交付の休止・廃止・復活をします。
     
  (2) 他校へ転学し、奨学金の貸付継続を希望する場合の手続
   
転学後も奨学金の貸付継続を希望するときは、転出学校に転学後の貸付継続の可否を照会してください。
   
貸付継続が可能との回答を受けたときは、「転学奨学金継続願(様式第11号)」を転入校へ提出してください。
   
継続が不可能との回答を受けたときは、異動事由を「退学」として、異動届、借用証書を提出してください。
     
4 奨学生の資格確認
     
  資格確認の目的
     
  育英会では、毎年、学年進行に当たり奨学生としての資格要件を確認するとともに、すでに貸し付けた奨学金総額を奨学生本人及び保護者 (連帯保証人)に確認を求め、適切な奨学金を貸し付けるため、資格確認を行っています。
     
     
     
トップへ戻る